オーストラリアへ送金したい。海外送金サービスを比較してみました

By | 2015年5月14日

日本の銀行に預けているお金をオーストラリアに移動させたいときには海外送金サービスを利用します。

一般の銀行が提供している海外送金は手数料が高めなので、できるだけ安く海外送金する方法としてSBIレミット楽天銀行を検討してみました。

みす夫はSBIレミットを実際に利用しているのですが、楽天銀行の手数料の方が安いのでは?と思い、1000ドルを受け取ることを仮定して送金シミュレーターで確認したところ、以下のような結果となりました。

SBIレミット

SBIレミット送金シミュレーション2015-05-13 14.40.27

楽天銀行

楽天銀行送金シミュレーション2015-05-13 14.40.10

若干ではありますが楽天銀行の方が為替レートが有利のようで、手数料を考慮しても楽天銀行の送金サービスのほうがお得であるといえそうです。

今回の比較では、送金手数料はSBIレミットのほうが安いのですが、25万円を超える送金の場合には1980円かかるため、楽天銀行のほうがお得です。(SBIレミットは送金先によって手数料が異なります。詳しくはSBIレミット-手数料についてのページを参照ください。)

お金の受け取り方法に違いが!

SBIレミットはMoneyGramというサービスを利用した送金方法で、現地の両替所やセブンイレブンなどでお金を受け取ることができます。受け取りの際に必要なのはパスポートと現地住所、電話番号のみで、現地の銀行口座は必要ありません。

楽天銀行の場合は海外の銀行口座に送金されるため、海外の銀行口座を持っていないと利用できません。長期滞在の場合や、大学の学費支払いなどの際には威力を発揮してくれるはずです。

 

どちらのサービスに関しても言えることですが、できれば日本にいるうちに会員登録を済ませておくと後々必要になったときに慌てなくて済みます。みす夫の場合は、ワーホリ中に病気になって仕事を失い、お金が底を付いてしまったので、日本にいる家族に頼んでSBIレミットの会員登録をしてもらい、送金してもらいました^^;登録が完了するまではクレジットカードでなんとか生き延びました…というような例もありますから、いざという時のために、お金を補給するための策を練っておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。