海外に滞在するときは在留届・たびレジの登録をしよう

海外に滞在するときは在留届・たびレジの登録をしよう

在留届とは?

海外に3ヶ月以上滞在する場合、在留届の提出が義務として定められています。
在留届を提出しておくことで、事故や災害が起こった時の安否確認、救助活動などを迅速に行えます。

実際にメルボルン中心街で車が暴走した事件の際には、在メルボルン総領事館から速報メールが届きました。そのほかにも、イスラム教の祝日でテロが警戒される場合などにもメールが送られてきます。

オンラインで在留届を提出する

在留届はウェブサイトから簡単に提出できます。渡航先で居住地が定まったら速やかに提出しましょう。また、引っ越しをして住所が変わったときにも申請を忘れずに。

気づいたら住み始めて1ヶ月経過していた…という場合でもペナルティー等はないのでご安心を。手続きは5~10分程度で完了します。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

在留届を大使館などに持参して提出する

在留届は用紙の持参、FAX、郵送でも受け付けられます。この場合の提出先は、日本の大使館または総領事館(在外公館)です。メルボルンに3ヶ月以上滞在する場合は、在メルボルン総領事館に提出します。

在メルボルン総領事館
Level 25, 570 Bourke Street, Melbourne VIC 3000 Australia
Level 25, 570 Bourke Street, Melbourne VIC 3000 Australia

たびレジとは?

海外滞在が3ヶ月未満の場合は,外務省海外旅行登録「たびレジ」に登録することで、滞在先の安全情報や緊急事態の速報などをメールで受け取ることができます。そして、万が一の事態が発生した場合の緊急連絡を受け取ることができます。

オーストラリアで在留届を提出済みで、他の国に旅行へ行く場合なども「たびレジ」に登録すると安心です。

まとめ

在留届の提出や「たびレジ」への登録がないと、万が一の際にあなたの家族に無駄な心配をかけることにもなりかねません。メルボルンではテロが疑われる爆発や、車の暴走が実際に発生していますよ!

 

たびレジ

外務省「海外に渡航される皆様へ」オンライン在留届・たびレジ登録

メルボルン暮らしカテゴリの最新記事