オーストラリア旅行でモバイルWiFiをレンタルすると得する人・損する人

オーストラリア旅行でモバイルWiFiをレンタルすると得する人・損する人

こんにちは、みす夫(@missu_d_ash)です。海外旅行をする時に気になるのが現地でのデータ通信ではないでしょうか。特に初めて訪れる国でネットに繋がらない状況というのは非常に不安です。最近では空港でモバイルルーターをレンタルするサービスも普及してきており、プロバイダーの数も増加しています。今回はオーストラリアに的を絞り、有名ないくつかのレンタル会社のサービスを比較してみます。

最初に結論:モバイルルーターのレンタルは意味不明なほど高い

もしあなたが5日間以上のオーストラリア旅行を考えていて、カタコトでも英語が何となく分かるなら、モバイルルーターのレンタルはもはやしてはいけないレベルです。みす夫が最近購入したポケットWiFiは5GBのSIMカード付きで59ドルでした。(BIGW: Vodafone 4G Pocket Wifi Modem – R216) オーストラリアの空港には各プロバイダーの携帯ショップがありますから、OptusなりTelstraなり、どこのやつでも良いので買ってください。

みす夫がレンタルをおすすめしない一番の理由は、紛失・故障・盗難などの際の損害金がまさにボッタクリだからです。どの会社もモバイルルーターの損害金を4万円程度に設定していますが、先に書いたように、そんな価値はありません。しかも一日ごとの通信料に加えて補償のための追加料金まで取るなんて、なんというオイシイ商売なんだっ!

また、モバイルルーターをレンタルすると、一式が入ったポーチを手荷物として持ち歩かなければならないため、けっこう邪魔になるようです。

オーストラリアのモバイル通信事情

オーストラリアでは日本以上にフリーWiFiが飛んでいます。基本的に大型のショッピングセンターや図書館、主要駅、一部公園ではWiFi接続できます。SIMフリーのスマホも一般的で、SIMカードはColesやWoolWorthsなどのスーパーやセブンイレブンで購入することが可能。一昔前はスーパーでSIMカードを購入する際にパスポートなどの提示を求められましたが、現在ではID確認を含めたアクティベーションはオンラインで行うようになっています。VodafoneのSIMカードはアクティベーションの作業後15分で開通します。

WiFiのレンタルをおススメできる人

-英語が全く分からない人
モバイルルーターのレンタルで得られるものは「安心」ではないでしょうか。言葉が全く通じない国に旅行することを考えると、現地に着いた時点でインターネットに繋がっている状態は非常に安心です。
-弾丸旅行で1分の時間も無駄にしたくない人
楽しい思い出、プライスレス。
-モバイルルーターと一緒に翻訳デバイスなどもレンタルしたい人
GLOBAL WiFiなど ではiliやPOCKETALKという通訳デバイスを一緒にレンタルすることができます。旅先でしか使わないツールなので、購入はためらわれてもレンタルでお試ししてみるのは楽しいと思います。

レンタルサービスの比較

GLOBAL WiFi

1日あたりの利用料金

3G 4G (LTE)
250MB 921円 1,206円
500MB 1,206円 1,396円
1GB 1,586円

100%補償パック(MAX)…500円/台/日 WiFi機器等の修理代金・再配達代金等を全額補償、代替機配送サービス+携行品損害、パスポート再取得費用を最大10万円まで補償
100%補償パック(フル)…300円/台/日 WiFi機器等の修理代金・再配達代金等を全額補償、代替機配送サービス
80%補償パック(ミニ)…200円/台/日 WiFi機器等の修理代金・再配達代金等を80%補償、代替機配送サービス

GLOBAL WiFi利用のメリット

モバイルルーターの受け取り・返却が可能な空港の数が他の会社よりも多いです。国内15空港+東京1営業所で受け取り・返却ができます。

留意点

モバイルルーターを宅配してもらうことも可能ですが、宅配受取料金として540円かかります。また、宅配便での返却は自己負担です。

Wi-Ho!

1日あたりの利用料金

4G (LTE)
250MB 850円
500MB 1,150円
1GB 1,350円

100%補償プラン…216円/台/日 加入すると以下の弁償代金が無料となります。

  • 全損(紛失・盗難など)※WiFiルーターおよびSIMカード 40,000円/台
    部分破損(傷など)8,000円/台
  • 付属品(ポーチ、変換プラグ、ACアダプタセット一式、ACアダプタ、マイクロUSBケーブル)各2,000 円
  • モバイルバッテリー(薄型)、モバイルバッテリー、モバイルバッテリー(大容量)5,000 円
  • USBカーチャージャー 2,000 円

Wi-Ho!利用のメリット

総額3,000円以上の契約でモバイルルーターの自宅への宅配送料が無料になります。

留意点

受け取り・返却が可能な空港は成田・羽田・新千歳・中部・関西・福岡のみとなります。また、モバイルルーターを宅配便で返送する場合は自己負担となります。


グローバルモバイル (オージーデータ)

1日あたりの利用料金

4G (LTE) 690円/日 1日あたり700MBまで

オージーデータ利用のメリット

往復宅配送料無料です。1ヶ月以上前に申し込みすると10%OFFのキャンペーン中です。10台同時接続できる機種が提供されるので、大人数でシェアしたいときには良いかもしれません。

留意点

空港での受け取りには対応していませんので事前の申し込みが必須です。返却はポスト投函か郵便局への持ち込みになります。


イモトのWiFi

1日あたりの利用料金

3G 4G (LTE)
500MB 980円 1,580円

全額補償(あんしんパックプラス)…700円/日 レンタルセットの盗難・紛失や損壊時の弁償代金の全額補償、携行品の盗難・破損などの損害や航空機遅延・航空機手荷物遅延への補償付き(最大20万円)
全額補償(あんしんパックフル)…300円/日 レンタルセットの盗難・紛失や損壊時の弁償代金の全額補償
80%補償(あんしんパック)…200円/日 レンタルセットの盗難・紛失や損壊時の弁償代金の80%補償

イモトのWiFi利用のメリット

今のところ特に目立ったメリットがないです。

留意点

受取手数料として500円+税がかかります。自宅への宅配を希望する場合は全国一律500円/台。宅配便での返送を希望する場合は着払い料金として1000円/台。
また、あんしんパックに加入していたとしても、現地警察署または公的機関の証明書の提出がない場合は免責率50%となります。(他の会社も同様の定めがあるかも知れません。要確認)



データ量はどれを選べば良い?

モバイルルーターのレンタルサービスで展開されているプランの定番は250MB、500MB、1GBですが、どのくらいデータ量があれば足りるのでしょうか。

500MBでできること

Webサイト閲覧…約2,000ページ
メール送信(500キロバイトの画像添付)…約1,000通
LINEテキストメッセージ500文字…約250,000回
LINE音声通話…約1,200分
YouTube閲覧(HD画質)…約4分
GoogleMapでルート検索…約135回
Skype音声通話…約150分
Instagram投稿(写真サイズ25メガバイト)…約20回

出典:グローバルWiFi

上記の通り、500メガバイトを一日で使うことはほぼ無いのではと思います。街中や宿泊先のWiFiも使えることを考えると、友達と一つのモバイルルーターをシェアして使うなら500MB、ひとりで使うなら1日250MBで十分でしょう。

まとめ

今回はオーストラリア旅行を想定したため、WiFiレンタルのメリットはあまりないという結論になってしまいました。複数の国を周るような旅ではモバイルルーターをレンタルした方がお得になるかもしれません。

Information Technologyカテゴリの最新記事