8月末まで!鉄道の旅を通常の半額以下で楽しもう【メルボルン〜シドニー】

By | 2015年8月8日

IMG00768

今回日本へ一時帰国するためのフライトがシドニー発だったので、メルボルンからシドニーへの移動に鉄道を利用しました。現在スペシャルオファーとして、通常運賃$130のところ、8月中は半額以下の$50で利用できます!この価格は魅力的です。

飛行機で2時間の距離を11時間かけて移動するので、時間的な余裕は必要ですが、安さを重視する人には是非おすすめ。

運賃だけじゃない!飛行機よりもオススメな理由:)

荷物を40kgまで無料で預けられる!

飛行機の場合、無料で預けられる荷物は20kgまでだったり、格安航空券となると追加料金を支払わなければならない場合がほとんどです。ジェットスターでは20kgの預け入れ手荷物は17ドルの追加料金がかかります。

でも鉄道なら2倍の荷物を追加料金なしで運んでくれます。(Checked luggageと呼ばれる)ただし、荷物一つあたりの重量は20kgまで。預けるときにキッチリ重さを計られます。スーツケース1個を預けようとしたら重量オーバーだった〜!という場合、大きな不織布のバッグを5ドルで売ってくれるので、適当に荷物を詰め直せばオッケー。

ちなみにスーツケースを車両内に自分で持ち込むことも可能です(こちらはUnchecked luggage)。楽器類は預け入れ不可なので車両内に持ち込み、頭上か車両後部のラックに置きます。荷物のサイズや重さなど、ルールが一応決まっていますが、あまりうるさく無さそうな雰囲気です。

荷物に関する条件などの詳細はこちらから確認できます。http://www.nswtrainlink.info/your_journey/luggage

到着駅は街の中心地だから電車代がかからない!

結構これは見落とされがちなコストかもしれません。シドニーの空港からシティまでの電車賃が結構高額で、まずstation access feeとして13ドル取られます。あとは行き先や曜日に応じて料金がかかるので、少なくとも15.5ドルは必ずかかる仕組みになっています。(日曜日かつOpal Cardを使って乗車した場合。Opal Cardとはシドニー版Suicaです。)国内線の空港ではシティ行きのチケットを17ドルで販売しています。通常はこれを購入することになります。

鉄道の場合Central stationが発着地になるため、少なくともstation access feeの13ドルは支払う必要がありません。

祝日でも料金は変わりません!

フライトチケットは料金の変動が激しく、週末や祝日になると高額になりがちですが、鉄道ならいつでも一律50ドルです。

 

鉄道の旅っていいよね

チケットの購入はインターネットで可能。予約番号の入ったEメールをプリントして、乗車後スタッフが確認しに来たら見せます。メールをスマホの画面に表示させても大丈夫。

朝出発の列車に乗って、オーストラリアの大地を眺めながらの旅も良いし、夜行列車に乗れば1日分の宿泊費が浮いて更にお得感が増します。

お得な鉄道の旅をぜひ楽しんでみてください。

詳細・予約はこちら→http://www.nswtrainlink.info/deals/offers/50-fare

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。